Media Coverage

 

Cell Innovation Partners Ltd.による Steminent Biotherapeutics Inc.への出資実行に関するお知らせ

当社の100%子会社であるRCパートナーズ株式会社と新生企業投資株式会社が共同出資にて設立したCell Innovation Partners Limited(以下、「CIP」)がCell Innovation Partners, L.P.を通じ、細胞医薬品の開発を行うSteminent Biotherapeutics Inc.(以下、ステミネント社、本社:台北、台湾、General Manager:Ryan Chang)へ約62百万台湾ドル(約2.3億円)の投資を行いましたので、お知らせいたします。なお、出資先であるステミネント社と当社は、2016年11月に、細胞医薬品「Stemchymal(R)」の日本における共同開発および販売契約を締結しています……またStemchymal(R)は脊髄小脳変性症以外にも様々な疾患で効果が期待されており、当社は急性肝不全、変形性膝関節症、糖尿病を対象としたStemchymal(R)の開発も行っています。CIPはリプロセルによる日本での治験開発を通じSteminentの成長を支援するとともに、引き続き再生医療ベンチャーへの資金供給を通じ再生医療の実用化に貢献して参ります。


iPS細胞の研究試薬や創薬支援、臨床検査事業を手掛けるリプロセル【4978】の100%子会社であるRCパートナーズと新生企業投資が共同出資にて設立したCell Innovation Partners Limited(以下、CIP)がCell Innovation Partners, L.P.を通じ、細胞医薬品の開発を行うSteminent Biotherapeutics Inc.(以下、ステミネント社)へ約62百万台湾ドル(約2.3億円)の投資を行ったと発表した。なお、出資先であるステミネント社とリプロセルは、2016年11月に、細胞医薬品「Stemchymal®」の日本における共同開発および販売契約を締結している。CIPが開発を行っている細胞医薬品 Stemchymal®は健常人ドナーの脂肪由来の幹細胞で、脊髄小脳変性症を対象とした細胞医薬品の開発では世界で最も先行しており、これまでの治験で安全性が確認し、また有効性を示唆するデータも観察されており、現在台湾で有効性の確認を目的としたPhase2の治験を行っている。


2017 Bio Taiwan台灣生技月由資誠會計師事務所(PwC)及台灣生物產業發展協會共同主辦的「2017亞洲生技商機高峰論壇(BBA)」分場論壇-Investment Strategies for Biotech’s New Paradigm」,聚焦探討全球生技投資新趨勢,並請到多位國際大師分享生技投資策略。

台灣的仲恩生醫(Steminent Biotherapeutics)參與本次的論壇分享引入國際市場的思維,以獨家的間質幹細胞技術平台與日本再生醫療公司Reprocell合作,在日本進行臨床試驗等,都是透過跨境合作激盪出巨大商業價值的案例。

資料來源:2017.07.11 文/環球生技月刊整理


 

2017 亞洲生技商機高峰論壇BioBusiness Asia Conference,BBA)在6月29日舉行的Session 5第五場分場論壇,是以「新興醫療保健技術進展的影響 The Impact of Advances in Emerging Healthcare Technologies」為主題討論和剖析全球和亞太地區新興生物技術的發展趨勢。

該分場論壇特別邀請到號稱「波士頓最會創業的台灣人」的麻省理工學院(MIT)生物工程與電機系副教授盧冠達、EpiBiome科學長蔡秉娟、Steminent仲恩生醫高級副總裁William Milligan、Insilico Medicine執行長Alex Zhavoronkov、NVIDIA智慧健康照護事業發展部負責人Andrea de Souza等參與論壇。細胞治療、合成生物學和微生物組織的快速發展,堪稱是近年來在生技、醫療保健領域最令人興奮的新興生物技術。細胞療法可望帶給全球疾病治療和醫療困境提供了一個新希望,同時,合成生物學的突飛猛進也提供了另一個治療新途徑。

更多BBA Session 5的活動花絮

 


台灣生技月熱門論壇之一「「開拓台日生技合作之無限可能 Witness the Unlimited Potential of Taiwan-Japan Biotech Collaboration」6月30日於南港展覽館舉行,由擁大和企業投資集團 (DCI Group)主辦,DCI是目前台日生技及投資領域的重要連結點,論壇展現近年台日生技投資合作功案例,期為台日創造更多生技合作案及投資機會。國際細胞治療學會(ISCT)的亞洲區副會長李光申教授表示,從宏觀角度看見亞洲發展細胞治療/再生醫療的無窮潛力;台灣也沒有在此新興領域中缺席,仲恩生醫細胞治療產品已獲得日本Reprocell公司青睞,打入日本市場並合作開發新藥。詳全文

資料來源:2017.07.01 環球生技月刊

更多BioTaiwan 2017 highlights活動花絮


資料來源:2017年3月號環球生技月刊

 


 

生技中心(DCB)產業資訊組為協助生技醫藥產業發展,於昨日(19日)舉辦「生技醫藥產業趨勢瞭望」,從技術面、產業面及策略面探討生技醫藥產業未來新趨勢。主辦單位特別邀請資策會產業分析師施柏榮、大和企業投資臺北辦事處副總經理陳播暉、新旭生技執行長張明奎、仲恩生醫技術發明人李光申、有勁生技執行長詹佳翰,以及DCB資訊組組長許毓真、產業分析師譚中岳,從各面向分享創投及業界對未來趨勢觀點。

詹佳翰和李光申表示,不論是細胞治療、基因檢測/編輯,由於人口老化、癌症/腫瘤發病率增加,疾病預測與監控就顯得重要。因此,基因定序、基因檢測可預期未來市場成長快速。 同樣的,由於細胞治療用途廣泛,未來細胞治療也會朝向組合發展。

資料來源:2017.05.20 環球生技月刊整理


台湾のSteminent Biotherapeutics Inc.(以下ステミネント)が台湾で開発中の患者本人以外の人から採取した幹細胞を用いた細胞医薬品「Stemchymal」(以下ステムカイマル)の日本における共同開発および販売に関する契約を締結したと発表。本格的に再生医療分野への進出を開始する。同社は、新たな事業として日本において独占的にステムカイマルを脊髄小脳変性症の治療薬として開発。上市後も日本において独占的に販売する権利を得た。また、同権利に付随して、ステムカイマルの脊髄小脳変性症以外の適応疾患についての開発や販売に関する優先交渉権も有したとしている。


裕隆集團旗下新揚創投投資仲恩生醫,從自體脂肪分離複製間質幹細胞,應用在小腦萎縮症、腦中風、帕金森氏症、糖尿病、心血管疾病治療。

資料來源:2012/10/08 財訊雙週刊 第 389 期